トランクルームとは

物があふれる現代、捨てられない物やコレクションなど、大切な物の整理整頓に充てられる時間が無かったり、ご自宅やオフィスにて物を保管するスペースが無い、逆に保管できない位に物があふれて収納に時間を割くことが難しい、自宅のリフォームで一時的に家具などの生活道具を置く場所が無い等、多量の物品取り扱いでお困りの方は少なくありません。これを解決するために、もう一つの収納部屋をレンタルできるサービス、トランクルームのご利用をおすすめいたします。個人・法人を問わずお使いいただくことができ、空調設備による温度・湿度管理も行われていることや、大手警備会社による24時間の施設警備でセキュリティ対策も万全というサービスもあり、収納環境として心強いものです。また、預けられる物が家具や本、衣類はもちろん楽器や家電製品まで幅広いことや、24時間物品の出し入れが可能であることなどから、気軽に活用できます。危険物や動物など、預けることが出来ないものも当然ありますが、所定の手続きにて利用を開始し、物品管理の負担軽減につながるメリットは大きいです。そんな便利なトランクルーム、ご利用料金も高額かも、というイメージをお持ちの方もいらっしゃると思いますが、ご安心くださいませ。当サイトでは、そんな不安を吹き飛ばす、厚木の格安トランクルームをご紹介していきます。当サイトをきっかけに実際にサービスを利用され、これが満足につながれば幸いです。

トランクルームの使い方

置き場所に困っている荷物の保管場所に悩む人はたくさんいらっしゃいます。困っているけども、そのまま通路の脇に置くなどしてこれが溜まっていき、ご自宅内の生活導線上に影響が出て、お家の中の移動もスムーズにいかないこともあります。気づかない内にストレスにもなり、よろしくありません。整理が難しい荷物もストレスも、トランクルームを活用して上手に付き合いたいところです。季節限定で使用する家電、扇風機やファンヒーターだったり、レジャー用品であるスノーボードやテントなど、日常生活で使用する頻度は少なかったり、使用する期間が限定されている物はご自宅の収納スペースで管理できれば問題ないのですが、積み重なり、要領的に難しくなることが多いです。物のサイズによっては収納スペースの扉が閉まらないこともあり、ご自宅に来客があった時、これを見せることに抵抗がある方もいらっしゃるでしょう。整理整頓に悩み、もしかしたらお住いの部屋の収納スペース量に不満を感じ、引っ越しをお考えになることもあると思いますが、トランクルームをレンタルするだけで、すべて解決できるかもしれません。今のお部屋は気に入っているのに、収納の悩みで引っ越し、というのももったいないです。ご自宅を快適にするための使い方としても有効なサービスで、先ほど挙げた扇風機やスノーボードなどの保管に充てればその分、ご自宅のスペースを広く使うことが可能です。レジャースポットへのアクセスが有効な厚木、格安で役に立つトランクルームがたくさんあります。

トランクルームの種類

「屋内型」と「屋外型」の2種類に分かれており、トランクルーム利用を決めた際、預ける物品に応じてどちらを使うかを決めましょう。
まず「屋内型」はビル内での保管のため、ビル自体のロック、収納スペース本体のロックによるWロックで、セキュリティ面で安全です。防犯カメラ&管理人常駐のサービスもあり、清掃・巡回も実施され、衛生面も期待できます。空調設備も整っており、衣類などカビや湿気による劣化を防ぎたいものの保管に向いています。
「屋外型」は、コンテナが保管場所であることがほとんどで、車両にて保管場所近くへ物品の運搬が可能であることから、大型の家具や家電製品でも出し入れしやすいです。家での保管でスペースばかりをとってしまいがちな季節限定物品、扇風機やサーキュレーター、ファンヒーターなどの保管に向いています。車での運搬が主であるサービスが多いため、主要道路沿いのわかりやすい場所を保管場所としている場合もありますが、反対に裏通りなど人目が少ない場所が保管場所とされていることがあり、セキュリティ面の不安があります。管理人が常駐しているところも少ないこともあり、なおさらです。しかし、コンテナ用の鍵は複製が難しい特殊なものであることが多いため、これによるセキュリティ対策は安心につながります。空調管理は屋外という立地上、やはり難しいです。屋外型は利用料金が抑えられるメリットが大きいので、保管する物品を上手に選定できれば、有効活用につながります。屋内・屋外のメリットやデメリットを踏まえたうえで、厚木の格安トランクルーム、ご検討くださいませ。

トランクルームの選び方

ご自宅からの距離

お部屋に収まりきらない物や季節限定の家電製品などをトランクルームに預けることが多々あります。定期的に出しい入れするのであれば、ご自宅との距離を重視することも選び方の一つです。保管してある物が急に必要になった時や、大きな荷物を入れ替えるときの負担が軽くなります。厚木のトランクルームを当サイトでご紹介しており、ご自宅からの距離による比較も可能です。

屋内型?屋外型?

屋内型は、ビルなどの建物内に保管スペースがあるため、雨に濡れることなく荷物の出し入れが可能です。
屋外型は、文字通り空き地などにコンテナが設置されていることが多く、保管場所まで車両を近づけることができるため、直接の荷物の出し入れや、大きな荷物の入れ替えも、スムーズに行うことができます。

広さ

荷物の量に応じて、サイズが選べます。保管したい物品の、幅×奥行×高さの3点をチェックしておくと、サービス比較で大変役立ちます。

設備やサービス内容

荷物を保管してもらうことがもちろんメインなのですが、設備やサービス内容を比較してみましょう。
荷物の出し入れが24時間可能なのか、管理人常駐の有無。空調(エアコン)やセキュリティ内容、清掃頻度など。ご自宅外での荷物保管になりますので、安心できるか、という点は重要です。

料金

毎月必要になるレンタル料ですが、サイズや立地により金額が変わります。また、契約時および解約時に、サービスにより、初期費用や解約費用などが必要になることもあります。当サイトで格安トランクルーム、比較できますので、ぜひご活用ください。

トランクルームに必要な費用・料金

まず、初期費用で発生する主なものは・その月の料金(日割り)・翌月分の料金ですが、運営会社により敷金・礼金が発生するところもあります。トランクルームを探す場合は初期に払う費用の内訳も確認するようにしましょう。

そして、毎月発生する利用料ですが、こちらは生活費を圧迫しないようにするなど注意しなければなりません。運営会社によることはもちろん、広さや保管設備・セキュリティ強度によっては数万円の利用料になることもありますが、月々数千円で利用できる運営会社もありますし、少スペース・1畳からのレンタルなど、少量の荷物を格安で保管が可能なトランクルームもあります。また、月々の利用料に管理費が含まれているか別か、千円程の違いになりますが、毎月発生するものなのでチェックするようにしましょう。

運営会社によっては営業時間外の荷物取り出しに、料金が必要になることもあります。利用する時間帯によっては、負担が大きくなる可能性がありますので、運営会社比較のポイントです。

最後に解約時の費用について、解約料が発生することは通常ありませんが、契約時に1年パックなど割引制度を利用している場合などは、支払いが必要になる可能性もあります。割引制度などを利用する場合は、利用を予定している期間を考えて契約するようにしましょう。

厚木のトランクルーム 安い場所をご紹介しておりますが、格安を重視することと同様に上記の費用も注意して、運営会社を探してみてください。